黒田 悠介さん
  • コラボレーター
  • フリーランス 人間中心ビジネスデザイナー(HCBD)
  • 黒田 悠介

事業アイデアを発散させよう!とっておきの発想法 4 選

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

事業アイデアは、それだけでは価値がありません。アイデアは実行に移すことで、初めて価値を持ちま す。しかし、だからといって思いついたアイデアを手当たり次第に実行するのも、限られたリソースで は賢いやり方とは言えません。

理想的な事業アイデアとは、早い段階で十分に発散させ、有意義な収束をすることによってブラッシュ アップされたものです。収束させるのも難しいですが、発散させる方法についてもアドバイスを求めら れることがあるので、ここにアイデア発想法としてまとめておこうと思います。

記事の内容まで発散することの無いように、今回は発想のツール(マインドマップ、マンダラートなど) については触れません。ツールよりも、どういった考え方をするべきなのかを知るほうが適用範囲が広 いとも思います。 ここで紹介する方法は事業アイデアに限らず一般的なアイデア発想法としても使えるものだと思うので、 是非さまざまな場面で活用してください。

①課題を大きくする

あなたが考えている課題をあえて大きくしてみましょう。そうすることで小さな課題よりも打ち手が幅広くなり、今までに無い発想で課題にアプローチできるようになります。

また、課題を大きくすることでいつの間にか元々あった課題が些細なことに思えてくることすらあります。その場合は大きく捉えた 課題の方を解決するアイデアを考えれば、より多くのことを達成できる解決策に至れるかもしれません。

例えば、家に帰ると部屋が寒いから、暖めておきたいと考えたとします。この小さな課題からでは「家の外から操作できるエアコン」という程度の発想が生まれるだけです。

しかし、もう少し課題を大きく捉えると、快適な温度を常に保つような IoT の仕組みを発想することも できるでしょう。さらにこれを大きく捉えると、人間にとって快適な状況を自動的に作り出す IoT の仕組みというスマートハウスにも通じるアイデアに至ります。

スマートハウスをさらに超えてスマートシティという発想や、プロアクティブ IoT(人間の行動を事前に察知して適切にサポートするタイプの IoT)というアイデアを考えだすことができれば、これは立派に事業として成り立ちます。

日本における高齢化や介護に関連する課題解決にも通じる、社会的意義のあるアイデアでもあります。 これが「課題を大きくする」という発想法です。身近でちょっとした不便や不満から発想する際に威力を発揮します。

②別の企業や経営者になったつもりで考える

Amazon だったらどう考えるか? Google だったら? Facebook だったら? 任天堂だったら? 孫 正義さんだったらどんなプレゼンをする? こういったことを考えてみると、新しいアイデアが出てきます。もちろん、完全になりきる必要はありません。あくまで新しいモノの見方をするための発想法ですから、あなたの頭の中にあるイメージで OK です。

この発想法の良いところは、「Amazon が同じ事業をやってきたらどうする?」という厳しい問いに対する考えを深めておける点です。もはやどの企業も競合となり得る環境下では、プラットフォーマーの存在を意識しないではいられません。自社の生存を真剣に考えるなら、考えておいて損はない問いでし ょう。

そして、考えた結果「Amazon はこの事業には参入しない」「Amazon が参入してきても大丈夫」という確証が得られるようであれば、安心して事業アイデアをブラッシュアップすることができます。そうでなければ、ピボットも検討した方がいいかもしれませんね(あるいは M&A でのバイアウトを狙う、とか)。

③反対を考えてみる

一般的な方法とは逆にしてみると、良いアイデアが浮かぶことがあります。商品を届けない EC、企業を 紹介しない転職エージェント、無料で手に入る自動車、通信できないスマートフォン。

あまりに突飛に見えるかもしれませんが、そこにこそ事業アイデアが眠っているのです。 反対を考えるのは、「当然のこと」であるほどよいです。

EC では早く商品が届くほど良いとされていますが、それは本当でしょうか。私は今、数ヶ月先に届くチーズを楽しみにしています。そのサービスではチーズの生産者から定期的にメッセージが届き、出来上がるまでの過程を楽しむことができます。

いかに早く届けるか、という消耗戦をあえて離れて、届くまでにどれだけ楽しめるか、というポイントに 着目したスローな EC だってあり得るのです。

④課題を回避する

あなたが課題だと思っていることが本当に課題なのか、考えてみましょう。その課題を解決するのに必要な多大な労力を回避して、別の何かをなすべきだという可能性はないでしょうか。

例えば、ある村で電気が通っていないために保育器が使えず、新生児の死亡率が高い状態だとします。 これを解決するために、村に電気を通すというインフラ事業を素直に考えるのもよいでしょう。

しかし、これには別の解決方法もあります。電気がないという課題を回避するのです。お湯と保温ジェルを使った、電気を使わない保育器というアイデアはどうでしょうか。あるいは、未熟児状態で生まれる子どもを減らすために、妊婦に対して栄養補助食品を提供するなどマタニティ向けの事業を考えるこ ともできるでしょう。

まとめ

以上、4 つの発想法をご紹介しました。ひとりでアイデアを考えても良いですし、アイデアを持ち寄ってブレインストーミングを開催してもよいでしょう。紹介したのはアイデアの発想の段階までなので、その後に収束させ、実行に移せるように具体化するのも忘れずに。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet