Tomohico Katoさん
  • コラボレーター
  • 株式会社サイカ
  • Tomohico Kato

データに示唆を届け、事業を推進させていく~データエクゼキューターへの第一歩~

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

世の中に溢れているデータを経営や事業に活かしていくデータドリブンな試みに注目が集まっているなか、「すべてのデータに示唆を届ける」というビジョンを掲げるサイカがこれから増やしていきたい人材は、データサイエンティストでもデータアナリストでもない、データを活用しながら事業を推進するための「データエグゼキューター」だった。

まだ言葉として定着していない職業を作り出してまでこだわるデータエグゼキューターとは、どんな人材なのか? どうすればなれるのか? データエグゼキューターになるべく、株式会社サイカのデザイナー・加藤が自ら立ち上がった。

何から始めるべきかも分からないので、まずは弊社代表取締役CEO・平尾喜昭に「データエグゼキューターってどんな人?」という直球な質問をしてみた。

データから導き出された示唆をいかに事業に活かすか。

─── 早速ですが、データエグゼキューターとはどんな人材なんですか?

端的に言うと、目的の設定から組織的な実行までをリードし、データ分析官をはじめとした周囲を巻き込みながら、データを武器にして事業を推進できる人材ですね。

─── なぜそのような人材が必要だと思ったのでしょうか?

きっかけは、僕が中学生の頃、父が勤めていた会社が倒産したことです。その経営陣は“勘や経験”だけに頼った経営をした結果、多くの悲しみを生んでしまったんです。でも、もしデータをうまく活用できていれば、そのような悲しみは起こらなかったかもしれない。(想いの詳細は こちら へ)そういう想いを根底に抱えながら、現場でデータを扱うビジネスパーソンと仕事をしていると「データ量は増え続けているけれど、そのデータを活用しながら意思決定ができている組織は少ない」という現実に直面しました。データへのアクセスはできるようになったのですが、いまはまだデータを集計して整理している段階だと思っています。今後はデータから導き出された示唆をいかに事業に活かすかを考え始めなければいけないんです。

さらに言うと、それができる人材が組織にいないと、データという資源と現場の実践が結びつきません。「データをどうにか活用したい」というアイデアがでたとき、現状ではデータサイエンティストがアサインされます。しかし彼らは分析のプロではありますが、事業のプロではありません。事業を推進させたいのであれば、事業のプロがやるべきなんです。これからはデータサイエンティストのほとんどの仕事は、システムに置き変わっていくと考えています。ですので、事業のプロがデータをちゃんと扱えることが重要だと思います。

データエグゼキューターは設計士であり現場監督。

─── 自分で手を動かす人ではなく、データの使い所を判断する人ということですか? データサイエンティストとの圧倒的な違いはどこでしょう?

ミッションの違いですね。データサイエンティストのミッションはデータを分析することですが、データエグゼキューターは事業を推進することがミッション。そこがふたつの大きな違いかな。例えるなら、データサイエンティストが大工で、データエグゼキューターは設計士であり現場監督のような存在です。

─── では、データエグゼキューターになるためにはどんなスキルセットが必要?

下図を俯瞰しながらプロジェクトを推進できる総合力が大事になってくると思います。

project

データ分析力があるだけではなくビジネスを推進する力が必要です。具体的に必要なスキルは、

  1. ヒアリング・観察力
  2. 問題を整理する能力
  3. プロジェクト立案力
  4. 周囲の巻き込み力
  5. 実行力

の5つ。受け身ではなく、スピード感を意識しながら主体的に行動することが大切です。

─── 言い換えれば、データ分析力はそんなに必要ないということですか?

そうですね。実際に自分で分析できることよりも、「どんな手法で、分析手法をしていけば事業を推進させることのできる決定的な示唆を導き出すことができるのか」を常にイメージしながら、チームにアクションの提案ができるほうが重要だと思います。

─── なるほど。では、どんな人がデータエグゼキューターに向いてますか?

事業が抱えている課題と意識的に向き合い、その問題がなぜ起こっているのか、それを解決するためにはどのようなアクションをすべきかを常に考えられている方は向いていると思います。たとえいまそれができていなかったとしても、この意識を鍛えることでデータエグゼキューターに近づけるのではないでしょうか。

また、課題と向き合い仮説を設計するプロセスは、とてもクリエイティブなことだと思っています。ですので、「自分は文系で数字は苦手」という方でもデータエグゼキューターになることはできます。もしかしたらそういう方のほうが合っているかもしれません。

データエグゼキューターへの第一歩は「整理すること」

─── この企画の目標は僕がデータエグゼキューターになることなのですが、これからデータエグゼキューターを目指すにはまず何かは始めればいいですか?

まずはこのフローの整理から始めるべきです。 flow 言語化するという作業は非常に大切ですが、なかなかできていないことが多いはずなので、自分のミッションと照らし合わせながら埋めていくことからスタートするのがいいと思います。詳細は こちらの講義を参考にしてください。

ありがとうございました。ということで、次回は自分が抱えているミッションである「サイカを起点としたコミュニティを形成し、ひとりでも多くのファンを増やす」ことと照らし合わせ、課題意識から周りの巻き込みまでの言語化と整理を1つずつやってみたいと思います。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet