浪方勇希さん
  • コラボレーター
  • 株式会社WIDELENS
  • 浪方勇希

優秀な外国人と出会える【採用手法 5選】費用やメリット・デメリットを解説します

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

今回は、「企業が優秀な外国人材を採用する手法と、それぞれの採用手法におけるメリットや費用の相場」についてお伝えしていきます。具体的には、

  • 人材紹介会社(エージェント)
  • 大手求人メディア
  • 転職フェア
  • ダイレクト・ソーシング
  • リファーラル・リクルーティング

の5つの手法を、掘り下げて解説していきます。

外国人採用については、これまで多くの企業が日本人と同様のプロセスで採用活動を行ってきました。

その背景としては、単年度の外国人採用数自体が少ないため、外国人採用に向けた特別な手法を検討してこなかったということが考えられます。しかし最近では、優秀なスキルや経験を持つ人材の母集団のひとつとして、外国人に注目する企業が現れてきています

人材紹介会社(エージェント)

近年、日本で働く外国人が増えていますが、それに伴い、国内で転職するケースも増加しています。もともと海外では、日本に比べて求職者が転職時に人材紹介サービスを利用する割合が高いため、転職に際しては、外国人は人材紹介会社をよく利用します

そのため、一定のスキルや知識・経験を有する外国人の採用を検討し、なおかつ応募者の質を最大限に高めようとする場合には、人材紹介会社の利用をお薦めします。

企業(採用側)の流れとしては、事前に日本語能力や経験などを含めた採用条件を人材紹介会社に共有し、厳選された候補者の中から自社で面接を実施した後、最終的に採用者を決定します。

人材紹介会社を利用する場合には、人材を採用した際にはじめて費用が発生するのが一般的ですので、候補者が採用に至らない場合には、人材紹介会社に報酬を支払う必要がないケースがほとんどです。

メリット

  • 高いマッチング精度(応募意思やスキル、経験を確認した上で紹介される)
  • 他社と競合した場合や待遇面の調整なども人材紹介会社が代行
  • 公募できない内密の募集も可能

デメリット

  • 1名あたりの採用単価が高いため大量採用には不向き
  • 条件にあてはまる人材がいない場合もある(時間がかかる)

オススメの企業像

・母集団形成や初期の書類審査などの業務工数を削減したい企業
・オープンにしにくい案件で人材を採用したい企業

費用の相場

  • 年収の30%程度

大手求人メディア

大手求人メディアに自社の求人情報を掲載して人材募集する方法は、多くの求職者の目に触れるというのが最大の価値だといえます。

また、メディアの運営元によっては、海外拠点を活用した現地での広報や問い合わせ対応もカバーしている場合があり、海外にいる優秀な人材に対するアプローチも、その効果としては見込むことができます。

多くの求人メディアでは職場風景の写真(場合によっては動画も)なども掲載できるため、文章と合わせて多くの情報を発信することが可能です。

企業の認知から応募に至るプロセスでは、約3割以上の外国人が、社風や社員の印象を考慮するというデータもあり、優秀な外国人を自社に惹き込むためには、ウェブの特性を存分に活用しましょう。

メリット

  • 全国からの募集が容易(海外からも閲覧することができる)
  • 条件による絞り込み検索機能がある(目的の明確な求職者を集められる)
  • 問い合わせ、応募がシームレスにできる(応募フォームの利用など)

デメリット

  • 知名度の低い企業は不利(検索結果が多い場合)
  • 掲載期間終了後は閲覧できない(マッチングが掲載期間に制限される)

オススメの企業像

  • 知名度の高い企業
  • 特徴的な企業文化や魅力的な取組みをしている企業

費用の相場

  • 40万円~150万円(掲載期間や企業からのオファー機能などのオプション次第で利用料が変動します。)

※大手求人メディアの一般的な掲載期間は、2〜4週間です。しかし実態は、取引実績やお試し利用などの要素を加味して、掲載期間はフレキシブルな場合が多い印象です。

転職フェア

転職フェアにブースを出展する場合には、その場で企業の紹介から面接まで実施できるため、とてもスピーディーに選考を進めることができます

外国人向けの国内フェアや海外現地での大規模なジョブフェアの存在は外国人の間で既に広く知られているため、一度に多くの外国人求職者と接触することが可能です。

また、業界に特化したフェア(IT技術者など)であれば、来場する求職者も業界の人間が多いため、効率よく自社に必要な人材を発掘することができます。

人材紹介会社や求人メディアを活用した場合と違い、転職フェアでは、その企業の社員と求職者が直接出会うことになります。

そのため、転職フェアでの採用活動を成功させるためには、来場した求職者の注意を引き、自社に興味を持ってもらう工夫(来場者を引き込む仕掛け、配布資料、掲示パネル、登壇社員のキャラクターなど)や一定レベル以上のプレゼンテーションスキルが必要となります。

メリット

  • 採用活動がスピーディーに進められる
  • 来場者の多くは転職意思がある
  • 業界や職種などで絞り込んだフェアの場合は該当する人材に多く出会える

デメリット

  • 開催日や開催地の関係で当日来場できなかった人材とは出会えない
  • フェアに参加した時点では個社に対する志望動機は薄い(明確ではない)

オススメの企業像

  • 特出したサービスがある若しくは知名度の高い企業
  • フェア当日に適切な人員(質や数)を配置可能な企業

費用の相場

  • 50万円~150万円(事前登録者へのメール配信や会場ガイドブックへの広告掲載、会社資料の同封には別途10万円~30万円が発生します。)

ダイレクト・ソーシング

ダイレクト・ソーシングは、人材紹介会社や求人メディアに頼るのではなく、転職を積極的に考えていない転職潜在層に対して、採用企業自らが自社に適した人材を見つけ彼らに直接アプローチをする手法です。

海外の多くの地域では既に、採用企業・求職者双方にとって一般的な手法となっていることもあり、近年日本においても、グローバルに採用を展開する企業を中心に注目が高まっています。

世界最大のビジネスSNSであるLinkedInには、世界中のプロフェッショナルが3億人以上登録しており、企業の採用候補者の発掘には大きな効果を発揮しています。転職潜在層の方はもともと「すぐには転職を考えていない」人が多いので、これらの人材情報をデータベース化することで、企業は徐々に「自前採用」の基盤を作っていくことが出来ます

メリット

  • 人材の「自前採用」の基盤が出来る
  • ミスマッチの低減(人材の企業理解度が高まる、企業側も長い時間をかけて人材を正しく評価できる)
  • 公募では採れないような人材にも出会える

デメリット

  • 継続したコミュニケーションやフォローイング(時には面談)が必要
  • 成果が出るまでに労力と一定の期間を要する

オススメの企業像

  • タイムリーに情報を発信し運営するための担当者を配置できる企業
  • 異文化コミュニケーション力を持ち合わせた社員(担当者)がいる企業

費用の相場

  • 60万円~80万円(採用時の成功報酬などは発生しない場合がほとんど)

リファーラル・リクルーティング

リファーラル・リクルーティングとは、社内外の信頼できる人脈を介した、紹介・推薦による採用活動のことです。すでにアメリカでは、リファーラルに対する様々な調査結果があり、アメリカ企業では従業員採用において、実に69.1%の企業が戦略的にリファーラルを活用しています。

企業がリファーラル・リクルーティングに積極的になる理由としては、社員からの紹介・推薦であるため、企業が求めるスキルやマインドを社員も理解しており、候補者の質が担保され易いことや、入社後の定着率が高くなるということが挙げられます。

特に文化の異なる外国人採用の場合には、書類審査や面接だけでは見抜きにくい候補者の価値観や習慣なども、リファーラル・リクルーティングを取り入れることで事前に把握することが期待できます。

また、リファーラル・リクルーティングを企業の採用手法として定着させるためには、現場の社員と一緒に、社員の人脈を見える化したり、福利厚生のひとつとして、外部イベントに参加してもらうなどの制度を整えることも効果的です。

メリット

  • 「社員の人脈」というフィルターによってハード・ソフトの両面で適した応募者のみを集めることができる
  • 社員への副次効果(現場の社員に対して会社が求める人材要件を共有することで、会社の価値観や今後の方向性が浸透し、社員の企業理解の促進に繋がる場合もある。)
  • 費用がかからない(謝礼程度)

デメリット

  • 条件面などをビジネスライクに交渉しにくい
  • ミスマッチだった場合の処遇が難しい
  • コンスタントな採用や大量採用には不向き

オススメの企業像

  • 採用費用を抑えたい企業
  • 採用人数は少数であり、かつ募集に緊急性のない企業

費用の相場

  • 謝礼程度

以上、「企業が優秀な外国人材を採用する手法とそれぞれの採用手法におけるメリットや費用の相場」についてご説明してきました。今回お伝えした内容は、あくまでも一般的な特徴ですので、採用手法を検討する際のアイデアひとつとしてご活用ください。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet