• コラボレーター
  • SELECK編集部
  • 舟迫 鈴

写真の切り抜き・合成も自由自在!誰でもデザイナーになれる神ツール【4選】を紹介

クオリティの高い資料を作りたいけれど、自分にはセンスもスキルもないからできない…

こんな悩みをお持ちの方は多いかと思います(かく言う私もそのひとり…)。ですが、今の時代、世の中にあふれる無料素材・ツールを使えば、誰でも簡単にクオリティの高い資料は作れるんです!

そこで今回は、下記のようなお悩みを解消する方法をお教えしたいと思います!

・写真や素材を加工したいけれど、スキルがないのでできない…
・フリー素材を使うと、「どこかで見たことある」資料になってしまう…
・最適な色使いがわからず、いつもグレーや紺に逃げがち…
・イラストを使いたいけど、描けない…

具体的に紹介するツール・サービスはこちらです。全部、無料なので、じゃんじゃん活用しましょう。

  • 誰でも簡単に、一瞬で写真を「切り抜き」できるサービス
  • 自由自在に写真素材を「合成」して、オリジナル素材を作れるサービス
  • AIが、自分好みかつ最適な「配色」を提案してくれるサービス
  • ロイヤリティフリーのイラスト素材を、「色を変えて」ダウンロードできるサイト

下記のようなシンプルな「文字だけの資料」が、どう変わるのか!?

デザイン経験・スキルが皆無の私でもこんなのも作れるし、

こんなのも作れます!!!

では、早速紹介していきます。

誰でも簡単に、一瞬で写真を切り抜きできる「removebg」

写真素材を「切り抜きたい…!」というシーンって意外と多くないですか? 私はもともとそういうケースではKeynoteを使ってたんですが、ちょっと面倒だったんです。

それで見つけました。最強の切り抜きツール「removebg」を…!

やり方は本当に簡単です。まずはトップページにいって、緑色の「Send a photo」ボタンを押して画像をアップロードするか、Web上の画像URLを入力します。

すると…マジで3秒くらいでこうなります!!!超速!

ただ、ちょっと細かい部分が気になりますね…(画像によっては一発でほぼ完成レベルになる場合もありました)。

ですが、ご安心ください。右下の「Edit」を押すと、そのまま、細かい部分を簡単に修正できてしまうのです。

修正をかければ、このくらいまでキレイに切り抜けます。ここまでかかった時間、大体1分くらいです。

ちなみに、複数人が写っていてもキレイに切り抜いてくれます。今のSELECK編集部メンバーの写真があったのでやってみます。

すげー。

人間だけじゃなく、ネコも切り抜けます(私の愛猫「うり」ちゃん、さりげなくSELECKデビュー)し、画像を反転することもできます。

ちょっと粗いけど、ちゃちゃっと修正すればOK。しかも切り抜いた画像を、そのまま提供されているフリーの写真素材に合成させることもできるのです…!

完成したものが、こちら!けっこう自然ではないでしょうか!?(自画自賛)

…ちょっと暴走しましたが、ビジネスシーンや資料作成ではこういう感じで使えるかなと思います(ネコではなく、最初に切り抜いた写真を使いました)。

色々なものを切り抜けるので、クリエイティビティが刺激されるすごく楽しいツールです。精度の高さ、切り抜きの早さ、編集のしやすさ…これで無料って本当にすごい時代が来たなあ、と思います。

自由自在に写真素材を「合成」して、オリジナル素材を作れるサービス

続いて紹介するのは、「PHOTO CREATOR」というサービスです。

その名の通り、自分のオリジナルの「写真」を、自由自在に素材を組み合わせて作ることができます。

公式動画を見てもらうのが一番わかりやすいのですが、こちらです!

 

…すごいですよね? では早速、使ってみましょう!「Create new photo」をクリックすると新規作成できます。ログインなどは不要で、基本機能も無料で使えます。

左側に使える素材がでてくるので、使いたいイメージをドラッグ&ドロップしていきます。

また、自分の好きな素材をアップロードして使うこともできます。今回は、先ほどremovebgを使って切り抜いたイメージを使ってみます。

背景やオブジェクトも合成できます。

文字も入れることができます!(ただ、あまりクオリティが高くないので、文字だけ別の方法で入れてもいいと思います。)

完成しました!!!

作った画像は、PNG形式であれば無料でダウンロードできます。また、共有用のURLも発行されます。

このツールは本当に楽しいです。無限に広がる可能性を感じます…!社内向けプレゼンなどで面白い素材を作るのにも便利そうですね。

 

AIが、自分好みかつ最適な「配色」を提案してくれる「Khroma」

次は、ちょっと写真から離れて「配色」のお話です。どんな色使いをすれば見やすく、かつかっこいい資料が作れるのか…。私は色選びに自信がないので、「とりあえずダークカラーで」みたいになりがちです。

そんなあなたにお勧めしたいのが、「Khroma」です。

Khromaが面白いところは、ただ「良い配色」を教えてくれるのではなくて、「自分好みの色」からAIが配色を提案してくれるところです。

今はβ版のようで、ログインしなくてもいきなり使えます。まずは、カラーリストの中から、自分の好きな色を50個選びます。

選んでいる過程で、「もっとこういう色を選んだらいいよ」的なアドバイスが出てきたりします。私は青が好きなので、青ばっかり選んでたら指摘されました汗。

50個を選び終えると(意外とすぐにできちゃいます)、「Start Training」がクリックできるようになります。

すると、自分の好きな色(選んだ色)を使った、イケてる配色を提案してくれるのです!それぞれをクリックすると、カラーコードなどの情報も出ますので、そのまま自分の資料に反映させられます。

テキストモードに加えて、グラデーションモードやイラストモード、カラーパレットモード(4色)も選択できます。

イラストモードでは、お手持ちの素材をアップロードして使うこともできます。

提案してもらった配色を、資料に使ってみました!自分では選びにくい色ですが、きれいに収まっている…!(ただ、どの配色を選ぶかのセンスは必要ですね…)

商用可のイラスト素材を、「色を変えて」ダウンロードできるサービス

最後に、ピンポイントで「アイコンやイラスト」を使いたいことってよくあると思います。

ただ、最適なものを見つけるのはなかなか難しいです。有名なフリー素材のサイトはみんな使っているので、かぶりますし…。

そこで今回はロイヤリティフリーのイラスト素材の配色を自由に変えてダウンロードできるサイト「manypixels」を紹介します。

こちらは無料版でも、たくさんの素材を使うことができます。

そして一番のポイントは、素材の配色を自分好みに自由に変更できることです。

自分の資料に使っているカラーと色を合わせることで、統一感のある資料を簡単に作ることができます

ビジネスシーンによっては写真ではなくイラストを使ったほうがいいシーンもあるので、紹介してみました。

イラストに関しては、過去に紹介したこちらのサービスもオススメです。

Google天才すぎ。プロ仕様のイラストが誰にでも描ける「AutoDraw」がすごすぎる!

いかがでしたでしょうか。今回は、デザインスキルのない人でも気軽に使えるツールに絞って紹介しています。すべて無料で、簡単に使えるツールばかりなので、ぜひ試してみてください!

SELECKからの特典

SELECKでは、これまで600社を超える先端企業の「ベストプラクティス」を取り上げてきました。

そこで今回、2019年にあなたの働き方がワンランク上がるようなツールをまとめた、2019年版「生産性向上ツール」厳選ガイドを作成しました。

ぜひダウンロードして、業務に活用してみてはいかがでしょうか。

2019年版「生産性向上ツール」厳選ガイドのダウンロードはこちら

メールマガジンのご案内

SELECKでは、新着インタビュー記事を中心に、最新のコンテンツをメールマガジンでお届けしております。

今後、メールマガジン購読者向けの限定コンテンツなども配信させていただく予定ですので、ぜひご登録いただき、お楽しみください。