加藤 章太朗さん
  • コラボレーター
  • SELECK
  • 加藤 章太朗

台風時、出社禁止でも問題なし!リモート会議でもホワイトボードを簡単に共有できるLimnuとは

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

オンライン会議ツールなど、便利なツールの登場で、リモートワークの環境も大分整ってきました。台風の日くらい、出社をやめてリモートワークに切り替えても良いかもしれません。

本日は、オンラインでもホワイトボードを簡単に共有したり、編集できる「Limnu」を紹介します。ホワイトボードの共有ができないことはリモート会議の1つの問題でしたが、Limnuを使えばある程度解消されます。

それでは見ていきましょう。

無料トライアルで試してみよう

まずはLimnuWEBページから無料トライアルに登録しましょう。Googleアカウント、Facebookアカウント、メールアドレス、で登録できます。

無料トライアルに登録し、ログインしたら早速右上の「NEW BOARD」をクリックしましょう。

ボードの名前を記入し、ボードの種類を選びましょう。「ホワイトボード」「グリーンボード」「ブラックボード」を選べます。また、個人用かチームメンバーとの共有用かも選びましょう。

新しいボードができ、以下の画面が現れます。下にある様々なコントローラーを使って、ホワイトボードに書き込むことができます。

書き込む機能を試してみよう

まずは基本のペンツールから使ってみましょう。

  • Marker:手書きの太い線
  • Pen:手書きの細い線
  • Line:線
  • Arrow:矢印
  • Box:四角
  • Obal:円

それぞれで実際に書いてみるとこのようになります。左から、Marker、Pen、Line、Arrow、Box、Obalです。

線の太さは以下をクリックすると変えることができます。Fine Tipが細く、Fatty Tipが太い線になります。

Fatty Tipで書いてみると以下のようになります。お好みの太さを選びましょう。

なお、文字を書く際には、ペンツールを使って書いても良いですが、「Add Note」機能を使うことをお勧めします。

矢印部分で背景色を選択できるので、白を選び、文字を入力しましょう。もちろん、フォントやサイズも変更できます。

ここまでの機能がホワイトボードに書き込む最低限の機能です。タブレットを使う際は、手書き系のPenなどを利用すると良いと思いますがパソコンから使う場合は、「Add Note」「Line」「Box」「Obal」などの手書き以外のツールを使うことをお勧めします。

共有機能も充実

ホワイトボードの共有は、左下のメニューの「Share Board」から行います。

リンクを共有する方法とメールアドレスで招待する方法があります。

ホワイトボードを共有している人とは、画面右下の人のマークからチャットやビデオチャットができます。

Pinという機能を使えば、リモート会議がより便利になります。

これは好きなところにPinを置ける機能ですが、下記の画面の右側に表示されているそれぞれのPinをクリックすると、画面が各Pinまで移動します。

大人数での会議で、全員の視点を集めるために使えます。

以上が、Limnuの基本的な機能です。タブレットを使えばより便利になるので、是非リモート会議の際に試してみてください。

SELECKからの特典

当媒体SELECKでは、ツール紹介記事の他にも、500社以上の課題解決の事例を発信してきました。

その取材を通して、目標を達成し続けるチームは「振り返りからの改善が習慣化している」という傾向を発見しました。

そこで「振り返りからの改善」を、botがサポートするWistant(ウィスタント)」というツールを開発しました。

「目標達成するチーム」を作りたいとお考えの経営者・マネージャーの方は、ぜひ、チェックしてみてください。

チームを目標達成に近づけるロボアシスタント「Wistant」無料トライアルはこちら

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet