• 株式会社IDCフロンティア
  • ビジネス開発本部 オンライン開発部
  • 池亀 敏美

自社サイトを改善するA/Bテストを高速で回す!Kaizen Platform・2種類の活用法

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

今回のソリューション:【Kaizen Platform/カイゼンプラットフォーム】

ITインフラ・データセンターの世界において長年の実績を持つ株式会社IDCフロンティアは、2014年から新たなパブリッククラウドサービスである「IDCFクラウド」の提供を開始した。そして同時に製品プロモーションの一環として、自社のサービスサイトを強化する様々な施策を行ってきた。

同社で自社サイトのWEBマーケティング全般を任されているのは、オンライン開発部の池亀 敏美さんだ。池亀さんが行った施策の1つとして「Kaizen Platform(カイゼンプラットフォーム)」を導入したが、その使い方は大きく2つに分かれる。

1つ目はサイト改善のUIアイデアをグロースハッカーにクラウドソーシングで依頼すること、そしてもう1つが簡単にWEBサイト上のA/Bテストが実行できるサービスの活用だ。池亀さんの「KAIZEN」アプローチについて聞いた。

2名のチームで、WEBマーケティング全般を担う

社会人になってから、ずっとWEB周りで企画の仕事をしてきました。現在は弊社のサービスサイトのプロモーション全般を中心に担当しています。2名体制の制作チームで、企画、設計、そしてデザインのコーディングといった制作業務までを行っています。

会社としてオンラインセールスを強化していくという方針が立ったことがきっかけで、チームの人数はそのままに業務を加速するためにマーケティングツールを導入する必要性が出てきました。

多くのアイデアの実現のため、サイト改善作業の効率化が急務!

それまでは基本的なアクセス解析などはしてきましたが、サイト改善の細かい部分は手をつけられていなかったんです。自分で数値をまとめて、分析した上で最適解を考えて実行していくのは、どうしても時間が掛かってしまうんですよね。少人数のチームなのでなかなか難しかったです。

例えばサイトリニューアルの際に、弊社は社内でユーザビリティテストを行います。そうすると、様々な立場の人から大量の意見が出てくるんです。それを1つひとつ進めていくんですが、そもそも課題を吟味できていなかったので、全てやろうとしてしまって結局すごい工数になって。さすがに全部はやりきれないね、という話をいつもしていました。当時はA/Bテストもすべて手作業で行っていましたし。

でも、WEBマーケティングを強化する、ということになった時に「やりたい事」は本当にたくさんありました。それをいかに効率良く進めていくかが課題だったんです。

グロースハッカーにUIアイデアを募集し、A/Bテストを開始

そこで、親会社のヤフーが使っていたこともあって、2014年12月に導入したのがKaizen Platformです。最初はKaizenさんの提供サービスの中の、グロースハッカーからUIデザインのアイデアを募集するクラウドソーシング形式のオープンオファーを利用しました

アクセス数が多く、コンバージョンが見込めるページからまずは変えていきたかったので、弊社のクラウドサービスのサイトのトップページと広告用のLPの改善案をお願いしました。

結果、トップページで約10件、LPで約20件のご提案を頂きました。ダイナミックな修正というよりはキャッチコピーや申込ボタンのデザイン変更など案が多かったですが、様々なアイデアがあったので勉強になりましたね。

頂いたアイデアの中で約8割ほどを実際のA/Bテストに回し、3~4ラウンドほど実行しました。なんとしても申込数を増やしたかったので、重複している案やガイドラインに反するものだけを除外して、それ以外は全て採用したんです。

せっかく外部の方から広くアイデアを募集しているので、私たちの視点でふるいにかけることはなるべくしたくないと思っていました。

▼左:改善前 右:改善後 バナーが追加され、文字色なども変化

非常に良かったのは、A/Bテストを行う手間が大幅に効率化したことです。タグを埋め込むだけで動的にA/Bテストができるので、いちいちローカルでサイトのソースを書き換えていた時に比べて、無駄な作業がなくなりました。

それに今までになかった「気付き」を外部の方から頂けたことも大きかったです。この時の3ラウンドのテストで勝ち残ったアイデアに関しては、今もサイト上で反映されています!

コンバージョン改善率は200〜300%!社内協議も効率化

その後は、A/B テストを簡単に実施できるKaizenさん提供のプラットフォームを使って、主に社内から上がってきた改善案をテストしています。もともと弊社のカスタマーサポートや営業、経営陣などから集まった様々な意見を実行しきれていなかったという課題があったので、そういった声を活かしていきたいな、と。

やはり社内のメンバーの方がアグレッシブな変更は提案しやすいと思うので、グロースハッカーの方に依頼するものとは目的別に使い分けています。Kaizenさんのサービスを導入前と比較すると、ページにもよりますが、コンバージョン率が200~300%ほど向上しました!

実績の部分でも満足していますが、手軽に、早いサイクルで、改善案の効果が測定できるようになったことが非常に大きいと思います。以前は、例えばサイトの訴求メッセージについて現場と上層陣で意見が分かれてしまった場合に、自分達が本当に良いと思っているものを押し通せないこともありました。

でもKaizenさんのサービスを使えば、複数の案を同時に試し競わせることができ、ユーザーの反応が数値化されるので、最も効果的なアイデアを採用することができます。明確な根拠に基づいてサイト改善を進めることができるようになったので、今後もさらに高速に、どんどんサイトを良い方向にカイゼンし続けていきたいと考えています。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet