• コラボレーター
  • 加留部 有哉

チーム開発を変える「GitHub」とは?〜Issuesの使い方〜【連載第3回】

リポジトリ管理サービスGitHubの入門記事、連載第3回目です!前回はGitHubの主要機能「Pull Request」について解説しましたが、今回はもう一つの主要機能Issues(イシュー)について、次の流れで解説します。

  • 課題管理機能Issues(イシュー)とは
  • Issuesを使ってみる
  • 担当者を明確にするAssignee(アサイニー)機能
  • スケジュールを管理するMilestone(マイルストン)機能
  • 増えたIssueを整理するLabel(ラベル)機能
  • OSSでのIssues活用事例

▼このシリーズの記事一覧

課題管理機能「Issues」とは

「Issue」は、日本語訳すると「問題」や「課題」といった意味がありますね。GitHubのIssues機能もその名の通り、プロジェクトやソースコードの課題を管理するための機能です。

GitHub Issues

プロジェクトの課題管理といえば、古くから使われているチケット型のRedmineや、最近ではPivotal TrackerJIRAといったサービスも注目を集めています。GitHub Issuesはそれらのサービスと比較すると機能は控えめですが、それでもIssuesでプロジェクト管理をしているという事例は数多くあります。

その理由の一つが、情報の一元化です。GitHub Issuesなら、ソースコードやPull Request、変更履歴といったものを、簡単に課題と紐付けて管理していくことが可能です。情報が一箇所に集まることで、ソースコードの変更意図や現在の問題が、より明瞭になります。

それでは、実際の使い方を見ていきましょう。

Issuesを使ってみる

Issues機能は、リポジトリ単位に管理されています。リポジトリのトップページから[Issues]タブを選択し、[New issue]をクリックしましょう。
まだリポジトリを作っていない方は、初回の記事を参考に作ってみてください。

GitHub Issues

Issueにはタイトルとコメントを入力します。他にも設定できる項目はありますが、それは次の章で徐々に解説していきます。タイトルは課題の内容(〜の機能が欲しい、〜という問題がある)を端的に表現して、コメントの部分で仕様やバグの再現手順などを詳細に書いていくといいでしょう(スクリーンショットはダメな例です)。

GitHub Issues

[Submit new Issue]をクリックするとIssueの登録が完了します。あとはこのリポジトリにアクセス権限のある人なら、誰でもIssueに対してコメントができるはずです。

先ほどGitHubに情報を一元管理するメリットがあると説明しましたが、他のIssueやPull Request(PR)といい感じにリンクしてくれる機能があります。コメント中にIssue/PRのURLがある場合は短縮して表示され、他のIssue/PRからリンクされたときはタイムライン(?)に表示されます。

GitHub Issues

Issueが解決したら[Close issue]ボタンをクリックしてクローズしましょう。クローズしたIssueも、完全に消える訳ではなく、Issueの一覧から確認できます。安心してクローズしましょう。

GitHub Issues

担当者を明確にする「Assignee」機能

ここからはちょっとした応用編の機能を紹介します。まずはプロジェクト管理には必須のAssignee(アサイニー)。Issueに担当者を割り当てる機能です。Issue画面のサイドバーにある[Assignee]という文字をクリックすると、ユーザーの選択画面が出てきます。

GitHub Issues

Assigneeはもちろん途中で付け替えることもできます。そしてIssueの一覧画面ではアイコンが並ぶので、誰がどのくらいのタスクを抱えているかが一目で分かるようになります。

Assigneeに指定することで、通知も逃さず受け取ることができます。ただ、1つのIssueに対して1人しかアサインできないという難点もあります。しっかりとルールを決めて運用していきましょう。

スケジュールを管理する「Milestone」機能

こちらもプロジェクト管理には必須の、Issueに締め切りをつけるMilestone(マイルストン)機能です。GitHubでは、Issueごとに期日を切るのではなく、マイルストンを先に置いて、それにIssueを紐付けます。詳しく見ていきましょう。

まずはIssueの一覧画面からマイルストンの一覧画面に遷移します。そこから[New milestone]で新しいマイルストンを作成します。

GitHub Issues

マイルストンの設定画面ではタイトル、概要、期日を入力します。タイトルの付け方はチームごとに分かりやすいように定めると良いですね。[Create milestone]をクリックすると作成完了です。

GitHub Issues

マイルストンもAssigneeと同様、Issue画面のサイドバーから設定できます。Milestoneの一覧画面では、紐付けられたIssueの内、何%がクローズされたかという進捗が確認できます。マイルストンを先に設定し、そこに必要なIssueを紐付けていく、という仕組みになっていることが分かりますね。

GitHub Issues

増えたIssueを整理する「Label」機能

最後に、ちょっと便利なLabel(ラベル)機能です。その名の通りIssueにラベルを付けて分類できます。Issues一覧からラベル一覧を確認できますが、デフォルトでもbugduplicate(重複したIssueなど、結構な数のラベルが揃っています。

GitHub Issues

まずはデフォルトのラベルで運用してみて、足りないようであれば追加していくのがいいでしょう。ラベルは1つのIssueに複数つけることができます。任意の色で表示できるので、一覧画面での視認性が増しますね。もちろんラベルでフィルタリングすることも出来ます。

GitHub Issues

以上でIssueの活用方法は終わりです。どのツールを使う時も同じですが、まずはゆるやかに始めてみて、徐々にチームに合った形に運用方法を固めていくといいでしょう。

OSSでのIssues活用事例

余談ですが、IssuesもPull Requestと同様に、OSS(オープンソースソフトウェア)の世界で活用されています。OSSを利用しているユーザーが、バグの報告や機能追加の要望を出し、Issues上でディスカッションが行われます。

そのため、使っているOSSで何か問題が発生したら、まずはそのリポジトリのIssuesを確認してみる癖を付けるといいでしょう。既に顕在化している問題で新しいバージョンでは直っていたり、将来の機能追加のロードマップが分かったりと、開発に役立つ情報が満載です。困ったときはIssueを確認してみると良いでしょう。

▼このシリーズの記事一覧

「マネジメントを効率化したい」というマネージャーの方へ

当媒体SELECKでは、これまで500社以上の課題解決の事例を発信してきました。

その取材を通して、目標を達成し続けるチームは「振り返りからの改善が習慣化している」という傾向を発見しました。

そこで「振り返りからの改善」をbotがサポートする「Wistant(ウィスタント)」というツールを開発しました。

「目標達成するチーム」を作りたいとお考えの経営者・マネージャーの方は、ぜひ、チェックしてみてください。

チームを目標達成に近づけるロボアシスタント「Wistant」無料トライアルはこちら