Tomoya Koishiさん
  • コラボレーター
  • SELECK(How to)
  • Tomoya Koishi

「誰でも」データアナリストになれる!?無料で使える、簡単データ分析ツール「databox」

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

このご時世、ビックデータを使って何かしたい!と思うことは多いのではないでしょうか。

しかしGoogle Data Studioや、Tableauといった高度なツールは使いこなせなかった…そんな経験も多いと思います。

今回はそんなエンジニア、アナリスト完全未経験でも、簡単かつ無料でデータを分析できるdatabox」を紹介します。

databoxはTwitterやFacebook、Google Analyticsはもちろん、多くの有名なサービスと連携して、簡単に一枚のダッシュボードにまとめてくれるサービスです。

今回はたった数秒でできるデータの可視化から、ビジネスチャットSlackとの連携まで、その使い方を大紹介します。

必要なデータをはめ込むだけで、ダッシュボードが完成

使い方はとてもシンプルかつ明快です。「Create New Datawall」から新規作成ができます。

こちらの画面から、緑色の枠にデータをはめ込んでダッシュボードを編集していきます。まずは左上のタブ「Available Datablocks」をクリック。

クリックすると連携できるサービスが一覧で表示されます。今回はFacebookとTwitterを選びました。ただし連携する際には、サービスごとにAPI連携を許可する必要があります。

すると主要なデータが一覧になっているので、あとは表示したいデータをドラッグ&ドロップするだけです。

他にもGoogle Analyticsなど、連携したいサービスから必要なデータをそれぞれ選べます。もちろん、一度貼り付けたグラフのサイズ変更や、移動、削除も可能です。

グラフの色や設定は上のツールバーから、データの軸や、集計期間のような数字の設定は「MULTI-TAB CHART PROPERTIES」からできます。

今回はSELECKのアクセス数と、SNSでの反応をGoogle Analytics、Facebook、Twitterのデータを使って1つのダッシュボードにまとめました。これで毎回複数のサイトで数字を確認する必要がなくなりました。

なお完成したダッシュボードは、「Streaming settings」で表示されるリンクを使って他のユーザーと共有できます。

他にも編集をしてく中で、もっとマッチしたレイアウトに変えたいときは、「Templetes」からダッシュボードのテンプレートが選べます。

「見える化」するだけではない!目標と達成率も一目瞭然!

データもただ見える化するだけでなく、目標に対しての達成率も表示したいですよね。そんなときは「Data Manager」の「Goals」から目標数字を設定することができます。

Set new goals」より指標にするサービスを選べます。今回はGoogle Analyticsでのユーザー数を目標にしてみました。

実際にダッシュボードの編集画面の「MAULT DATAPROPATIES」から「Goal」の機能をONにすると、このように達成率を表示できます。

スマホ対応で、いつでもどこでもデータをチェックできる

databoxは、他のデータ可視化ツールと比較してもスマートフォンに強いです。例えばスマホ専用にダッシュボードを設計できます。

スマホ版のアプリもありますので、いつでも、どこでもデータを見ることができます。

広告、カスタマーサポート、開発ツール…多様なサービスに対応

databoxは多種多様なサービスと連携できる点が魅力です。

SNSの他にもGoogle Adwordsや、Hubspot、Zendeskといった代表的なサービスに対応しています。一部の連携機能は有料ですが、ほとんどのサービスは無料で利用できます。

Webブラウザが不要に!?欲しいデータはSlackで呼び出す

Databoxの大きな特徴の1つはビジネスチャットSlackとの連携です。画面の「Add to Slack」から連携を始めます。

Slackと連携すると、専用のbot「@databox」が立ち上がります。実際に「help」と入力すると、何ができるのかコマンドを教えてくれます。

例えば「scorecard」と入力すると、ダッシュボードのデータをSlack上で表示をしてくれます。

この機能を使えば、連携をしているすべてのサービスのデータを、Slack上で確認できるので、活用の幅はまだまだ広がりそうですね。

GoogleアカウントからログインOK!

最後にはじめ方ですが、Googleアカウントからそのままログインができます。もちろんメールアドレスでの登録もできます。

ぜひ、databoxをきっかけにデータ分析の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

SELECKからの特典

SELECKでは、これまで400社を超える先端企業の「ベストプラクティス」を取り上げてきました。

そこで今回、2017年にあなたの働き方がワンランク上がるようなツールをまとめた、2017年版「生産性向上ツール」厳選ガイドを作成しました。

ぜひダウンロードして、業務に活用してみてはいかがでしょうか。

2017年版「生産性向上ツール」厳選ガイドのダウンロードはこちら

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet