• 株式会社マネーフォワード
  • 社長室
  • 小川 昌之

低コストで優秀な人材を!スタートアップ企業こそ、ソーシャルリクルーティング

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

今回のソリューション:【Wantedly/ウォンテッドリー】

〜転職潜在層にアプローチが可能なソーシャルリクルーティングサービス「Wantedly」の使い方〜

クラウド型会計ソフト「MFクラウド会計」などのお金にまつわるインターネットサービスを展開する株式会社マネーフォワード。サービスの拡大を続ける同社では、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」という、個人・法人あらゆる人のお金の悩みを解決するというビジョンに共感し、入社するメンバーが非常に多いのだという。

同社で人事を務める小川 昌之さんも、そんなメンバーのひとりだ。そして現在は、自分と同様にマネーフォワードの理念に共感できる仲間を探すことをミッションとしている。小川さんがそのような人材と出会うために、「転職潜在層」までアプローチを行っている場所が、ソーシャルリクルーティングサービス「Wantedly(ウォンテッドリー)」だ。マネーフォワード流のWantedly活用術について聞いた。

「理念に強く共感」してマネーフォワードへ

私の社会人としてのキャリアは、広告代理店の人事からスタートしました。そして、同業界の営業職を経験した後に人事領域でやりたいことを見つけ、再度人事に戻ろうとIT系のメガベンチャーに転職しました。

その会社は当時2,000名規模だったのですが、スピード感もベンチャースピリットもあって、優秀な人材が非常に多く在籍していました。その経験により、そういったスピード感のある環境の中で、尊敬できる仲間と仕事をするのが自分のスタンダートになりましたね。でもやはり規模の大きな会社だったので、社員の向いている方向も様々だと感じていました。そこで、より強く会社の理念やビジョンにコミットしていく経験がしたいと思ったんです。

小さい組織ほど1人ひとりの当事者意識が高く、同じ方向を向いて「辛い時にこそ一緒に頑張ろう!」っていうような一体感があると思います。そういう組織で人事を経験したいと思っている中、出会ったのがマネーフォワードです。

小川 昌之さん

マネーフォワードは会社の理念やビジョンに共感して、会社として目指す世界の実現に寄与したいという想いで入社するメンバーが本当に多いです。採用基準にも明確にその「共感」を求める部分があるので、会社全体として目指す方向性に一体感があります。まさに自分が欲している環境だと確信して、ジョインしました。

ユーザーとしても利用したWantedlyを採用側としても活用

現在、採用媒体は、イニシャルでコストが必要となるものは積極的には使っておらず、成果報酬型のものがほとんどです。Wantedlyはイニシャルでコストがかかる媒体ですが非常に安価で、年間で1名でも採用できればコスト感としては十分なレベルです。

実は、Wantedlyは私自身の転職活動でも利用していました。特にスタートアップ系の企業だと、「話を聞きに行きたい」機能を使うことで気軽に中核メンバーとお話する機会を持てるので、転職活動というよりいろいろな会社を見てみたいという気持ちで利用していました。

小川 昌之さん

採用する側からすると、Wantedlyは他の媒体では出会えない人からの応募があるという部分が一番大きな利点だと思います。顕在層はもちろん、転職を本格的に考えていない潜在層ともコンタクトを取ることが可能です。

他の手段では会えない、優秀な人材にも会うことができる

転職活動の手段として、エージェントや求人媒体などを利用して自分に合う転職先を探すやり方と、自分のコネクションの中から探すやり方があると思います。前者の方がもちろん転職意欲が高く、直接的に採用に繋がりやすいです。でも後者も、実際に媒体に登録するほど転職意欲は高くなくても、「いい会社があれば見てみたい」という方も多く、その中に優秀な方は多く存在すると思っています。

▼「遊びに来ませんか」という呼びかけもWantedly上で!

Wantedly画面

そういった層の方々とWantedlyは、親和性が高いと感じています。「まずは話だけ聞いてみたい」とか「気になるリストに追加」とか、ソーシャルならではのアクション機能があるので心理的なハードルが少し低くなっているのではないかと思います。

自由度の高い求人ページを、広報活動のひとつとして活用

実は、Wantedlyの会社用ページを弊社の広報活動のひとつとしても使っています。例えば「全社員参加のBBQを開催しました!」とか、「◯◯さんの誕生日会をやりました!」などどいうカジュアルな内容をアップして、Wantedlyユーザーの方に弊社の社風が伝わるように工夫しています。未来の候補者となり得る方が集まる場所なので、様々な情報を発信するように心がけています。

▼実際の会社用ページ

Wantedly画面

Wantedlyは「工数もお金もそんなにかけられないが、優秀な人材が欲しい」という一見矛盾するニーズを叶えられる、稀有なサービスだと思います。そういったニーズはスタートアップにこそ強くあるので、個人的には、これからもそんなスタートアップの視点に立ったサービスであり続けて欲しいと願っています。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet