Rei Funabaさん
  • コラボレーター
  • SELECK(How to)
  • Rei Funaba

【お役立ちChrome拡張】Slack、Skype、メッセンジャー…24のチャットを一元管理【Franzとの比較も】

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

Slack、Facebookメッセンジャー、Skype、チャットワーク、HipChat…。プライベートで使うものも含めると、ついつい乱立しがちな「チャットツール」。すべてを抜けもれなく、リアルタイムで確認するのはなかなかめんどくさい…。

SELECKでは以前、そんなチャットツールを一元管理できる画期的アプリ「Franz」をご紹介しました。

▶記事はこちら:超便利!「Franz」でチャットを一元管理!Slack・メッセンジャー・チャットワーク・Skypeをひとつの場所で

個人的には、Slackの複数アカウント、チャットワーク、Facebookメッセンジャーを主に使っているので、それらすべてを同じ場所から操作できるのは「超便利だ!」と思いました!!

そして実は、まったく同じことを実現できる「Chrome拡張」があることを知りまして。「All-in-One Messenger」というものです!

Chrome拡張であれば、なんとなくセキュリティ面なども安心できる部分もありますし、より気軽に使えますよね。

All-in-One Messenger

そこで今回の記事では、そのAll-in-One Messengerを解説していきます。始め方、使い方、そしてFranzとの比較もしていますので、ぜひご覧ください。

All-in-One Messengerを使うと何ができるの?

All-in-One Messengerを使うと何が起こるのか。答えは超シンプルで、ひとつの画面(ブラウザ)で、複数のチャットアカウント、そして複数のチャットツールを操作できるようになります

Franzは現在14種類のサービスに対応していますが、All-in-One Messengerはなんと24種類に対応ー!

All-in-One Messenger

Yahoo Messengerなどは、Franzでは対応していません。(日本人にはまだまだ馴染みのないサービスも多いですが、)対応種類が既に多いので、今後のアップデートにも期待できます。

特にLINEとかね、入ってほしいですよね。

All-in-One Messengerは、WebブラウザであるGoogle Chrome環境下で使える、無料の拡張ツールです。

※Chrome拡張ってそもそもなに? という方は、ぜひこの機会にWebストアから使ってみてください。

All-in-One Messengerを使うと、いちいち画面を切り替えずとも、様々なコミュニケーションツールを確認&操作できるようになります。それでは早速、使ってみましょう。

まずはダウンロードして、チャットツールと連携させよう

まずはこちらから、Chrome拡張をダウンロードしましょう。

ダウンロード後、右上の「アプリを起動」をクリックします。

すると、こういう感じで立ち上がります。

起動

早速、愛用中のSlackと連携させていきます。追加したいサービスをクリックして、流れに沿って進めていくだけです。

Slackとの連携

Slackとの連携

All-in-One Messenger上に、Slackが追加されました!

メニューに追加されました

同様にして、使っているチャットツールや社内SNSなどを連携させていきましょう。サービスによっては、セキュリティ認証などのフローが入ります。

All-in-One MessengerとFranz、どちらを使う?

All-in-One Messengerのご紹介は、以上になります。とてもシンプルでわかりやすいツールなので、まずは使ってみていただくのが良いかと。

最後に、FranzとUIを比較してみました…。

Franzとの比較

(ほぼおなじ)

どちらを使うかは、現段階だと好みかなーと思います。All-in-One Messengerのほうが対応サービスは多いですが、あまり日本ではメジャーでないものも多いので…。引き続き、双方のアップデートをチェックしていきたいですね。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet