• コラボレーター
  • 加藤 章太朗

世界シェアNo.1のWebブラウザ「Google Chrome」今すぐ使うべき拡張機能3選

Net Applicationsによると、2016年4月に「Google Chrome(グーグルクローム、以下: Chrome)」がブラウザの世界シェアでNo.1になりました。今回は、そんなChromeのユーザーが、生産性をあげるために今すぐ使うべき3つの拡張機能を紹介します。

▼Chromeの便利な拡張機能を入手できるGhrome ウェブストア

「最近パソコンが遅い」を解決する「The Great Suspender」

ChromeでWebサイトを開き過ぎると、メモリを消耗し著しくパソコンのパフォーマンスを低下させます。

例えば、私のパソコンのメモリの状態を見ると、下のようになっており、Google Chrome Helperがメモリをかなり消耗しています。

「最近パソコンが遅いなー」と感じる方は、ChromeでWebサイト(タブ)を開き過ぎなのかもしれません。とはいえ、いちいちWebサイトを閉じるのは面倒くさいですよね。

そこでお勧めなのが、無料で使えるThe Great Suspenderです。The Great SuspenderはChromeで開いてはいるものの、しばらく見ていないタブのメモリを開放してくれるソフトです。

※The Great Suspenderの追加はこちら

まずは「CHROMEに追加」をクリックしましょう。

ブラウザにThe Great Suspenderが追加されます。

Settingsをクリックします。

すると、下の画面が表示されるので、「どのくらいの時間Webサイトを見ていなければ、メモリを開放するか」を設定します。

ここで設定した時間が過ぎると、開いていたWebサイトは下の画面になり、タブのメモリが自動的に開放されます。Click to reloadを押すと、Webサイトを再度読み込みます。

これで、パソコンのメモリが無駄に消耗されることはなくなり、パフォーマンスが向上します。

集中力を切らすネットサーフィンを強制排除「StayFocusd」

Facebook、Twitter、などのSNSが仕事の集中を切らすことがあります。そこで使えるのが、StayFocusdです。ブラウザから事前に設定したWebサイトへのアクセスを強制的に制限します。

※StayFocusdの追加はこちら

まずは「CHROMEに追加」をクリックしましょう。

ブラウザにStayFocusdが追加されます。

Settingsをクリックします。

集中したい時間にアクセスを制限したいWebサイトのURLを設定します。Blocked Sitesをクリックし、制限したいWebサイトのURLを入力し、Add Blocked Sitesをクリックします。

入力したサイトURLが登録されます。

次は、Active Hoursから集中したい時間の設定をします。

最後に、集中したい時間に、制限するWebサイトを閲覧できる時間を設定します。

試しに設定した時間に、制限したWebサイトにアクセスしてみると、下のようにアイコンが赤くなっています。

閲覧できる時間をオーバーすると、下記のような画面が表示されます。

癒し系のBGMを自由に作れる「Noisli」

集中して仕事をするのに最適な癒し系のBGMを作れるのがNoisliです。

※Noisliの追加はこちら

まずは「CHROMEに追加」をクリックしましょう。

ブラウザにNoisliが追加されます。

Noisliのアカウントを作って、Add Comboをクリックします。

Noisliの中に入ると、雨、風、森林、など様々な自然の音を示すアイコンが並んでいます。

それぞれのアイコンをクリックし、音量を調整することで、様々な自然の音を組み合わせたBGMを作成することができます。

以上、Chromeユーザーにオススメの拡張機能でした。生産性をあげるために是非試してみてください。