Shunsuke Minatoさん
  • コラボレーター
  • SELECK(How to)
  • Shunsuke Minato

時価総額3兆円「Airbnb」のマーケターが活用するWebサービス5選!動的広告からブログカードまで

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

時価総額3兆円超と言われ、2015年の夏だけで1,700万人が利用したAirbnb。「空き部屋を貸したい人」と「部屋を借りたい人」をつなぐプラットフォームです。今では全世界34,000の都市で展開され、日本でも53万人が利用しており、前年度比529%増で成長しています。この成長スピードは「世界一」とのこと。

今回は、急成長を遂げた「Airbnb」のマーケティングを支えるWebサービスをいくつか紹介していきたいと思います。

以前の記事で紹介した、Sifteryを今回も活用しています。

▼Siftery

Siftery

競合サイトを分析できる!「Dragon Metarics」

Dragon Metaricsは、SEO対策などに利用できる、競合サイト分析ツールです。イメージとしては、Similar Webに似ている感じですね。アジア圏に特化したツールであり、導入企業はそこまで多くありませんが、アリババグループも利用しているみたいです。

▼Dragon Metarics

Dragon Metarics

キーワードごとのランキング調査や、競合他社サイトの流入状況、ランディングページの最適化など、SEO関連に必要な機能は一通りあります。特に中国市場に力を入れているようで、Baiduに特化した、SEO調査機能も備わっています。

▼Baiduに力を入れている

Dragon Metarics 特徴

SMSマーケティングの第一人者!「Trumpia」

Trumpiaは、SMS機能を用いて集客のサポートをするツールです。あらかじめ、データベース上に顧客情報を入れておけば、その情報を元に一斉に告知することができます。

▼Trumpia

Trumpia

例えば、ECサイトでタイムセールを行うとします。 Trumpiaのデータベース上に、顧客の電話番号・メールアドレスなどを登録しておけば、 タイムセールの情報を時間を指定して一括で送信することができます。

他にも、SMSを通して特定の顧客とやり取りすることもできるので、 お店の開店時間や、在庫状況の確認などの個別連絡も可能です。 LINE@の1:1トークと似たような機能ですね。

▼Trumpiaでの顧客とのやりとり

Trumpiaトーク

SMSやEメールだけでなく、FacebookをはじめとしたSNSなど、様々なチャネルで、ダイレクトにメッセージを送信することができます。また、それぞれのチャネルごとに、開封率などを分析することも可能です。

▼様々なチャネルに配信可能

Trumpia特徴

ディスプレイ広告で売上を最大化!「Criteo」

▼Criteo

Criteo

Criteoは、リターゲティング型の動的ディスプレイ広告(※)です。Criteoに自社の商品・サービスのデータを登録しておくと、ユーザーが自社サイトを訪問した履歴を分析し、そのユーザーが他のサイトを訪れた際に、自社の商品情報をバナー広告として表示できます

(※)「ディスプレイ広告」とは、Webページに埋め込まれて表示される、画像や動画などによる広告。

例えば、Airbnbに訪れたユーザーがサイトを離脱して他のサイトに行った際に、Airbnbのホテルの情報をそのサイトに表示することができます。下記はCriteoのデモ画面ですが、直前にBooking.comを見ていた影響で、Booking.comのホテル情報がズラッと並んでいます。(動的ディスプレイ広告なので、バナーがコロコロ動きます

▼コロコロ動く、Criteoのバナー

動的バナー

商品データさえ登録しておけば、最適なバナーが自動的に生成されるので、余計な工数がかからなくて、便利ですね。

Criteoは、ECサイト・宿泊サイト・不動産・人材系などの取り扱い商材が多い業界で、積極活用されているようで、CVRが通常のディスプレイ広告の4倍もあるとのこと。(私が過去にAirbnbを利用した時も、バナー経由だった気が)

ブログカードを一瞬で作れる!「Embedly」

▼Embedly

Embedly

Embedlyは、リンクテキストを美しくおしゃれなブログカード(※)に変えてしまうツールです。 リンクテキストは簡単に作れますが、文字だけだと寂しく感じることがありますよね。かといって、画像を配置して見た目を華やかにするのも結構大変...。そんなときに役立つのが、このツールです。

(※)「ブログカード」とは、ブログやサイトに掲載したい外部記事のタイトルや概要、アイキャッチ画像などを読みやすくまとめて表示する埋め込み形式のこと。

▼はてなブログのブログカード

ブログカード

作り方はとても簡単です。「Embed Code Generator」でURLを入力するだけ!

入力すると自動的にタイトル、本文、画像を読み込み、華やかなブログカードを一瞬で作ってくれます。後は、Embed Codeに出力されたURLをサイトに貼るだけです。

▼ソーシャルリンク付きブログカード

ソーシャルリンク

SELECKの記事URLを入力し、実際に作成してみましたが、驚くほど簡単にブログカードができてしまいました。

ブログカードといえば、はてなブログのブログカードが有名ですが、あちらよりも画像を前面に押し出しているので、見栄え的にはこちらの方がきれいですね。ソーシャルリンクがデフォルトで設定されているのも、素晴らしいです。

言語の壁をぶっ壊せ!「Gengo」

企業のグローバル化は、成長するに当たって大切な要素ではありますが、そこで障壁となるのが「言語の壁」。そんな言語の壁を壊すサービスが「Gengo」です。

▼Gengo

Gengo

Gengoは、翻訳のクラウドソーシングサービスです。翻訳者と翻訳を希望する顧客を結びつけるサービスであり、135ヶ国以上に広がる20,000人以上の翻訳者が、24時間翻訳に対応しています。

▼24時間翻訳に対応

Gengo特徴

対応言語は「35ヶ国65言語ペア」以上に対応しており、品質管理の継続と向上を目指し、 抜き打ちチェックや顧客からのレビュー評価を取り入れています。また、スピードもハイレベルであり、受注から平均1時間で翻訳が完了するとのこと。

▼Gengoの価格

Gengo価格

価格は1文字あたり5円と、一般的な翻訳サービスと比較すると少々割高ですが、その分クオリティが担保されているので、安心して利用できます。Airbnbのような、グローバル展開しているBtoCサービスにとっては、Gengoは必要不可欠なサービスなのかもしれません。

企業の成長を支える「Webサービス」や「ツール」たち

今回は、「Airbnb」が活用しているツールをいくつか紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか...?企業の急成長の影には、必ず何かしらのツールがあります。

もし気になるツールがありましたら、積極的に導入してみてください。成長の手助けになるはずです。(今回紹介したツールは全て無料で利用できるので、試してみて損はないはず!)

それではまた、次の機会に...!

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet