Yusuke  Kimotoさん
  • コラボレーター
  • SELECK(How to)
  • Yusuke Kimoto

営業を効率化!メール、DM、電話、訪問…チャネルごとの最新手法を紹介

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

リストに片っ端から電話をかけるテレアポ、深夜に大量印刷して一斉送付するDM(ダイレクトメール)、目に付いたオフィスや店舗に手当たり次第に駆け込む「飛び込み営業」…。

このように、ひょっとすると「泥臭い」イメージがあるかもしれない営業活動ですが、最近では、それらを効率化する「スマート」な手段があることをご存知でしょうか。

今回は、メール、DM、訪問、電話のチャネルごとに、営業を効率化し、成果を上げる考え方とツールを紹介します。現場の負担を抑え、成果がより高まる「スマートなセールス」を始めましょう。

▼この記事の目次

・日々のメール業務を効率化する顧客管理ツール、Close.ioとは?

・今さらDM?DMとメールの「いいとこ取り」をするeFaxを使おう!

・営業の終着点、訪問ビデオ通話で置きかえるのが一番!?

電話営業・テレアポの負担を減らすCloud Call Systemとは?

日々のメール業務を効率化する顧客管理ツール、Close.ioとは?

営業マンであれば、日々の業務のなかで、アポ取りから訪問後のフォローまで、メールを送る機会はたくさんあるはずです。

ときには、マーケティング活動の一環として行ったセミナーで集めたメールアドレスなどに対して、アポ取りのメールを集中的に送ることもあるかもしれません。

このようなメール作成を効率化するための第一歩は、文面の「テンプレート」作成でしょう。しかし、テンプレートを作って効率化したとしても、メールアドレスを手動で入力し、自分で宛名などを入れ替える、という手間が残ります。この作業は時間を消費するだけでなく、ミスが許されない精神力を使う作業です。

この問題を解決するのが顧客管理ツール(CRM)のClose.io(クローズドットアイオー)です。Close.ioは、通常のCRMにあるような顧客のステータス管理機能に加えて、メール関連の機能が充実していることが特徴です。

メールのテンプレートが保存できるだけではなく、顧客リストからメールアドレスを取り込み、宛名なども自動で書き換えてくれるため、書き換える作業も、間違えないように注意する労力も必要ありません。

▼営業マンの顧客管理を革新する、「Close.io」とは…?

Close.io 画面

これで日々のメール業務にかかる時間とストレスが大幅に軽減されるはずです。

また、メールの開封チェック機能もあり、メールを開封してくれた人だけに後追いの電話をするなどの、次アクションの設定も可能です。

メール業務に多くの時間を取られている企業は是非とも導入を検討してみてください

Close.ioについて活用事例でもっと詳しく知りたい

今さら紙のDM?DMとメールの「いいとこ取り」をするeFaxを使おう!

今さらDM?と思われるかもしれません。しかし、DMは「紙」という実際の物として存在している点では、メールより優れています。メールボックスに埋もれず、人の目に直接触れることができるのは紙のDMの大きなメリットでしょう。

だからこそ、新規顧客の開拓のために手当たり次第にDMを送っている企業も、まだまだ多いはずです。しかし、DMの作成にかかる手間、そして送付にかかる費用は積み重なると膨大なものになります。

これを効率化する一つの手段は、メールの手軽さと、紙の実体感をあわせ持つ「インターネットファックス」を使うことです。

DMの送付先がそれほど多くなければ、メールでFaxを送れるeFaxを導入することで、メルマガ感覚でFaxDMを実現できます。

DM業務が重荷になっている企業は、ぜひ導入を検討してみるとよいと思います。

eFaxについて活用事例でもっと詳しく知りたい

営業の終着点、「訪問」はビデオ通話で置き換えられる!?

営業プロセスは数あれど、最後は「訪問」で終わるものです。やはり最後は直接顔を合わせて話さないと契約はできないと考える人は多いはず。

しかし、ひょっとするとそれは思い込みかもしれません。「訪問」は、時間・交通費・体力という、多大なコストを必要とします。それらのコストを削減することができないか、一度は真剣に検討するべきです。

営業は対面でしないとお客様に失礼だ、という考えもあるでしょう。しかし、もしかしたら、お客様も、わざわざ訪問してもらうのは申し訳ないと思っているのかもしれません。

しかし、電話での営業だとどうしても伝わらないものがあるでしょう。その問題を解決し、訪問なしで営業を終えることができる、その答えがビデオ通話です。

実際、現在ではPCとネット回線さえあれば、無料で質の高いビデオ通話が可能になる時代です。その中でも、もっとも利用され、知名度が高いサービスのひとつがGoogle Hangoutsです。

あまりに多すぎる訪問で営業マンが疲弊している企業はぜひ一度導入を検討してみてください

Google Hangoutsについて活用事例でもっと詳しく知りたい

電話営業・テレアポの負担を減らすCloud Call Systemとは?

「営業」と聞いて多くの人が即座に思い浮かべるもののひとつが「テレアポ・電話営業」でしょう。リストの上から順番に手当たり次第に電話をかけていく様は、Push型・アウトバウンド型の営業の典型です。

Push型・アウトバウンド型の営業は相手が自社の製品に興味を持っていないところからスタートするため、成功確率が低く、大量に数をこなす必要が出てきます

しかし、大量の電話は営業マンを疲弊させ、結果として成約率が下がるという悪循環を生んでしまいます。

では、営業マンの負担を減らしながら、より多くの架電を行うにはどうすればいいのでしょうか?

最近では、そのためのシステムがいくつも開発されています。

その中で特に手軽に導入できる「プレビューダイヤル」型のシステムでは、いちいち電話番号を入力する必要がなく、読み込んだ顧客リストをもとにPC上のワンクリックで電話がかけられます

これによって、営業マンの負担は減り、架電数も多くなって、成果が上がりやすくなります

PCだけあれば簡単に始めることができ、架電の結果のワンクリックでの入力、さらに各営業マンの成果分析も可能なプレビューダイヤルシステムが、Cloud Call Systemです。

テレアポが多い企業はぜひ導入を検討してみてください

Cloud Call Systemについてもっと詳しく知りたい方はこちら

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet