Rei Funabaさん
  • コラボレーター
  • SELECK(How to)
  • Rei Funaba

ついに日本語化!「Trello」の便利なChrome拡張・Slack連携を紹介します!

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

タスク管理を画期的にラクにする「Trello(トレロ)」。2016年4月20日に、ついに日本語にも対応しました!

おおー

Trello 日本語化

通知が来て気が付きました!対応言語が20まで増えたようです。

Trello 日本語化

今回はちょっと応用編として、Slackとの連携や、便利なChrome拡張を紹介できればと思います。

▼基本的な使い方や、始め方はこちらの記事をご覧ください。

無料で使える「Trello」でタスク管理がラクになる!使い方・始め方を解説

▼Trelloの使い方、応用編①はこちらです。

ラベル・絞り込み・ガントチャートまで!見逃しがちなTrelloの機能を紹介

▼他の企業が、Trelloをどのように使っているかも紹介しています

Web制作の進行を見える化!Trelloで自由自在に「カンバン」方式でタスク管理!

エンジニアと企画のタスクを一元管理!「互いの業務への理解」がチームワークを変える

全メンバーがプロジェクト進捗を直感的に把握!カンバン方式✕画像というタスク管理術

それにしても、日本語化でカードの中身も本当にわかりやすくなったなー!

Trello 日本語化

チャットツール「Slack」とTrelloを連携させよう!【初級編】

Trelloで管理しているタスクをチームの誰かが更新したとき、それをリアルタイムに確認できるとラクですよね。いちいち「あれ更新した?」なんて確認するのは、めんどくさいものです。

そんな時は、チャットツール「Slack」とTrelloを連携させましょう!

▶無料でも使える、Slackの解説記事はこちら

▶Slackインテグレーションの解説記事はこちら

Slackインテグレーションの機能を使えば、Trelloのさまざまな更新情報を、Slack上で確認できます。設定はものすごく簡単です!

まずはSlackの左上の「∨」から、「Apps & Custom Integrations」を選択します。

Trello Slack 連携

Trelloを検索などで探します。このような画面が出てきます。「Add Configuration」を押して、先に進めます。

Trello Slack 連携

連携するTrelloをアカウントを認証させます。

Trello Slack 連携

この画面で、連携させるTrelloのアカウントを選びます。

Trello Slack 連携

次に、Trelloの更新情報を通知するSlackのチャンネルを選択します。

Trello Slack 連携

Trelloの連携させるボードや、どんな時に通知を飛ばすのか、といったことを設定します。

Trello Slack 連携

「Trello-bot」という名前をつけました。また、アイコンなども選択できます。すべての設定が終わったら、「Save Integration」を押します。

Trello Slack 連携

すると、Slack側で連携できたことが確認できました!

Trello Slack 連携

例えば、Trelloでカードに担当者を追加したり、コメントを書き込むと、このように通知が飛んできます。ものすごくリアルタイムです。チームの誰がアクションしても、飛んできます。

####Trelloで何かアクションをすると… Trello Slack 連携

####Slackにも飛んで来る! Trello Slack 連携

このように、Slackインテグレーションを活用すれば、とても簡単にSlackとTrelloを連携させることができてしまうのです!

チャットツール「Slack」とTrelloを連携させよう!【上級編】

次に、ちょっとした応用編を紹介します。先ほどの連携はTrello→Slackでしたが、Slack→Trelloを実現する方法がこれです。

IFTTTなどを使って簡単に連携させることもできますが(Slackの投稿を、特定のTrelloのボードに自動的に移行する)、これはそうではなく、ちょっと技アリの使い方。

実際に弊社でも実践していて、簡単に言うと、Slack上にあらかじめ指定したコマンドを打ち込むことで、Trello上にタスクを追加できる、という機能です。

詳しくは、こちらの記事で紹介しています。

タスク管理ツールのTrelloやWrikeとも同様に連携していて、Slackで「want ◯◯◯」と打つとTrelloに、「request ◯◯◯」と打てばWrikeに、それぞれタスクが追加されます。

日常の業務の中で思い立ったことをすぐにタスク管理ツールに登録できるのはすごく便利です。

Slackはもはやチャットツールではない! 外部連携、bot、IoTまで広がる活用法

Trello Slack 連携

これは、エンジニアさんがいないと実現はちょっと難しいです…。私にも解説できないので、詳しくは弊社エンジニアが書いたQiitaの記事をご覧ください…。(ごめんなさい!!)

便利なChrome拡張を紹介します

次に、Trelloをもっと使いこなすための便利なChrome拡張を紹介します。Chromeの拡張機能は、Chromeのユーザーであればお馴染みかと思います。

こちらから誰でも利用できる、Chromeがちょっと便利になるオプションのようなものです。無料のものも多いです!

①カード(タスク)の分類を分かりやすくする「Card Color Titles for Trello」

Card Color Titles for Trello

Trelloはそのまま使っていると、ラベルに文字が表示できないですよね。カード毎に色分けされたラベルを付与できるだけなので、どういう分類になっているのかわかりにくい…。

Trello Chrome拡張

そこで役立つのが、このCard Color Titles for Trelloです。このChrome拡張を活用すると、各ラベル上に指定した文字を表示できるようになります。ぱっと見て、タスクの分類がわかるのがいいですね。

②エンジニア向け!開発工数が見積もれる、「Scrum for Trello」

scrum for trello

次はエンジニアの方向けの機能です。開発タスクの管理にTrelloを使っている場合に便利なのが、このScrum for Trello。カードごとに開発工数を見積もって、付与することができます。

詳しくは、この記事でも解説されています。

開発は2週間単位でスプリントを回しているのですが、その管理もTrelloで行っています。

「Scrum for Trello」というエクステンションを使うと、チケットにポイントを付与することができるので、開発工数も管理することが可能です。

エンジニアと企画のタスクを一元管理!「互いの業務への理解」がチームワークを変える

####▼実際に使っているTrelloのボード

####▼各カードごとに、開発工数の見積もりを入力できる

他にもさまざまなChrome拡張が提供されていますが、レビュースコアの高いものであっても、今はうまく動かないものも多いです。色々と試してみると良いかと思います。

今回は以上になります。Trelloは拡張性の高いツールなので、ぜひSlackのようなほかのサービスと連動させたり、Chrome拡張を導入してもっと便利に使いましょう。

Trelloが気になったあなたへ

当媒体SELECKでは、このようなツール紹介記事の他にも、企業へのインタビューを通して、様々な課題解決の事例を発信してきました。

その500社以上の取材を通して、「日々、振り返りを行い、常に改善を繰り返すことが、チームの目標達成を実現する」という傾向を発見しました。

この「振り返りと改善」の実行を、botを活用した「KPT(※)」を通してサポートするのが、SELECKから生まれたプロダクト「Wistant」です。

※Keep(良かったこと)、Problem(悪かったこと)、Try(新たに試したいこと)をシェアする振り返りの方法

タスク管理に加えて、「目標を達成するチームを作りたい」とお考えの経営者・マネージャーの方々は、ぜひ、チェックしてみてください。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet