Rei Funabaさん
  • コラボレーター
  • SELECK(How to)
  • Rei Funaba

タスク管理ツール「Trello」をもっと使い倒す!ガントチャートも作れる応用編を紹介

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

タスク管理ツール「Trello」の使い方の、応用編です。Trelloは日本語に対応して、より一層使いやすくなりましたね。今回は、無料版でも使える、Trelloの一歩進んだ使い方を紹介します。

この記事を読むと、こういったことがわかります。

  • 「もっと見る」の中にある、「ラベル機能」を活かせるようになる
  • 絞り込み機能」で期限切れのタスクなどを可視化できるようになる
  • Chrome拡張を使って、Trelloをガントチャートに落とせるようになる

▼「Trelloってそもそも何?」という方は、こちらの記事をどうぞ

Trello(トレロ)でタスク管理がラクになる!無料版の使い方・始め方を解説

▼Slack連携など、さらなる応用編はこちらの記事をどうぞ

ついに日本語化!「Trello」の便利なChrome拡張・Slack連携を紹介します!

▼他の企業が、Trelloをどのように使っているかも紹介しています

Web制作の進行を見える化!Trelloで自由自在に「カンバン」方式でタスク管理!

エンジニアと企画のタスクを一元管理!「互いの業務への理解」がチームワークを変える

全メンバーがプロジェクト進捗を直感的に把握!カンバン方式✕画像というタスク管理術

▼Trelloは、無料でガントチャートにも落とせます!

trello ガントチャート

実は意外と使っていない、デフォルト機能①「もっと見る」の中身

早速ですが、サイドバーのメニューにある「もっと見る」、見ていますか?! 英語の時は「More…」という表示でした。

Trello もっと見る

クリックすると、中身はこのような感じになっています。

Trello 使い方

チームの設定やボードのコピー、印刷などができます。特によく使うのは、上から2番めの「ラベル」かと思います。意外とTrelloのラベルを活用できていない方が多いように思うので、ご紹介しておきます!

Trello 使い方

※ちなみにこのラベルをもっと使いやすくするChrome拡張を、この記事で紹介しています!

ラベルを使うと、カードを好きな角度で分類できます。例えば「エンジニア」「マーケター」のような担当職域で分けることもできますし、色々とうまく使えます。

Trello ラベル

例えば私は、赤いラベルは「要確認」にしています。赤だとなんとなく、大事な感じがするからです!

▼実際に過去に、記事の管理や分類に使っていたTrelloのボードです

Trello ラベル

実は意外と使っていない、デフォルト機能②「絞り込み」

他にもメニューの中にある機能で便利なのが、「絞り込み」ですね。これはもう、しょっちゅう使います!!

フリーワード検索でカードを絞り込んで表示することもできますし

ラベルや担当者でも絞り込めます。

締め切りでも絞り込めるので、例えばとある担当者の、期限切れのタスクの一覧、なんかも見られてしまいます。きゃー。

後輩を詰める時に使いましょう(嘘)。

TrelloをガントチャートにするChrome拡張を紹介

Trelloは「カンバン」形式になっているので、時間軸に沿ってスケジュールを確認するにはちょっと見づらい部分もあります。上で紹介した絞り込みを使っても、スケジュールの全体感は把握しにくいですよね。

そこで活用したいのが、Trelloのボードを自動でガントチャートに落としてくれるChrome拡張Elegant for Trello」です!

trello ガントチャート

まずはここから、Chrome拡張をダウンロードします

するとTrelloのボード上に、このような項目が表示されます。あとで削除もできますので「Yes Please!」をクリックしましょう。

Trello ガントチャート

あっという間に、ボードがガントチャートに落ちました。おぉー

Trello ガントチャート

縦軸はラベルになっていて、担当者も表示されています。さらに横軸では、カード(タスク)の内容も表示されています。

Trello ガントチャート

ガントチャートの表示の仕方も、週次・月次など、ボタンひとつで変更可能です。

Trello ガントチャート

何か大きなプロジェクトを複数の担当者で動かしているときや、開発タスクを管理している場合にはかなり役立つかと思います。あとはマネジメントですね。チームリーダーが直感的にメンバーの状況を確認できるようになります。

いかがでしたでしょうか。これでTrelloの解説記事は3本目になりますが、すべて「無料」でできることしか紹介していません。

有料版になると、もっと色々できるみたいです(正直に言うと、有料版にする必要性を全く感じない…ので、使ったことがないです)。

とにかく気軽に試せるツールですので、ぜひ使ってみてくださいね。

▼Trelloの活用事例インタビューはこちら

Web制作の進行を見える化!Trelloで自由自在に「カンバン」方式でタスク管理!

エンジニアと企画のタスクを一元管理!「互いの業務への理解」がチームワークを変える

全メンバーがプロジェクト進捗を直感的に把握!カンバン方式✕画像というタスク管理術

▼Trelloに関する他の解説記事はこちら

Trello(トレロ)でタスク管理がラクになる!無料版の使い方・始め方を解説

ついに日本語化!「Trello」の便利なChrome拡張・Slack連携を紹介します!

Trelloが気になったあなたへ

当媒体SELECKでは、このようなツール紹介記事の他にも、企業へのインタビューを通して、様々な課題解決の事例を発信してきました。

その500社以上の取材を通して、「日々、振り返りを行い、常に改善を繰り返すことが、チームの目標達成を実現する」という傾向を発見しました。

この「振り返りと改善」の実行を、botを活用した「KPT(※)」を通してサポートするのが、SELECKから生まれたプロダクト「Wistant」です。

※Keep(良かったこと)、Problem(悪かったこと)、Try(新たに試したいこと)をシェアする振り返りの方法

タスク管理に加えて、「目標を達成するチームを作りたい」とお考えの経営者・マネージャーの方々は、ぜひ、チェックしてみてください。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet