Shunsuke Minatoさん
  • コラボレーター
  • SELECK(How to)
  • Shunsuke Minato

大企業にも拡大中・Wantedlyの使い方【求人を探す】転職・採用に使えます(2/全5回)

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

2012年2月のリリースから、右肩上がりに利用者が増大しているビジネスSNS「Wantedly (ウォンテッドリー)」。その活用法(求職者目線)を徹底解説する本連載、今回で第2回目となります!

みなさん、プロフィール登録は出来ましたでしょうか...?

内容を考えるのが、なかなか大変...」という方は、他の人のプロフィールを真似てみるのもいいと思います。よければ、私のプロフィールも参考にしてみて下さい。(50%から75%に完成度を頑張ってあげました...!)

さて、今回は「Wantedlyでの求人の探し方」というテーマでお届けしたいと思います。この記事を読むと、こんなことができるようになります。

  • 職種 / 採用形態に応じた求人が検索できる
  • 求人応募への道のりが分かる
  • 興味のある企業リストが作成できる
  • Wantedly上で人気のある企業が分かる

▼このシリーズの記事一覧

▼「採用者(企業)目線」での活用法については、こちらの記事をどうぞ!

求人ってどうやって探すの...?

プロフィール登録が完了したら、いよいよ求人検索です!ここでは、実際の管理画面を用いて説明していきます。

まずは、Wantedlyトップページの左上「募集をみる」をクリックしましょう。そうすると、求人情報がザッと表示されます(プロフィール設定に沿った求人が初期状態では表示されます)。

このままでも求人は確認できますが、せっかくなので、自分の興味・関心が沸きそうな求人が表示されるよう、スクリーニングしてみましょう。

Wantedly 求人 募集

求人をスクリーニングしてみる!

求人ページをスクロールしていくと、左の方にフィルタ項目が出てきます。フィルタは全部で5つあり、

  • 職種:エンジニア / デザイナー / セールス / マーケティング /ライターなど
  • 採用形態:新卒採用 / 中途採用 / インターン / 社会人バイトなど
  • 特徴:ランチをご馳走します / 学生さんも歓迎 / Wantedly初登場など
  • 地域:主要都市 / 地方区分
  • キーワード:秘書 / ファッション / アニメ / イベント / 映像など

上記を選択して、スクリーニングすることができます。複数選択も可能です。

選択が終わると「結果」という欄に、該当企業がいくつあるかが表示されます。(今回は、3,385件も表示されました。全部閲覧するのはかなり大変そう...)

Wantedly 求人 募集

右上の「並び替え」という欄で、求人の並び替えも可能です。

「新着」は、求人が新しい順、「人気」は、ユーザーからの応援やPVが多い順。「おすすめ」は、Wantedlyがユーザーのプロフィールに沿ってサジェストしているのだと思いますが、ロジックがいまいち分かりません...(更新する度に順番がころころ変わります)

私は、新しい求人情報をチェックしたいので、「新着」で求人を探すことが多いです。

ちなみに、何も選択しない状態だと、全ての求人を閲覧することができるのですが、その求人数は、何と14,463件!全部閲覧するのに、1週間くらいはかかってしまいそうですね...

「気軽に」企業に会える!実際に求人に応募してみよう

興味のある求人を見つけたら、いよいよ「応募」です!

Wantedlyは、先日お伝えした通り「気軽さ」が最大の特徴なので、「話を聞きに行きたい」というフランクな形で、求人に応募することができます。固い形式だと、応募するのに勇気がいりますよね。

Wantedly 求人 応募

クリックすると、さらに以下のステータスを選択することができます。

  • 今すぐ一緒に働きたい
  • まずは話を聞いてみたい
  • 少しだけ興味があります

求人に対して物凄く興味がある、という熱量をアピールしたい人は、「今すぐ一緒に働きたい」を選択するといいと思います。私は「とりあえず会ってみたい派」の人間なので、「まずは話を聞いてみたい」を毎回必ず選択しています。

このステータスを選択するだけで、応募は完了です!後は企業からの連絡を待つだけ!履歴書もエントリーシートもいらないので、本当に「気軽」です

Wantedly 求人 応募

「気になるリスト」を活用しよう!

興味はある企業なんだけど、今は応募する気が起きない...。話を聞きにいきたいけど、忙しくて今は時間がない...。といったケースもあるのではないでしょうか。

そんなときは、「気になるリスト」を活用しましょう!気になるリストは、簡単にいうと、 ブラウザのブックマーク機能のようなもので、気になる求人をリスト化することができます

Wantedly 求人 応募

▼「気になるリスト」の一例

気になるリストはあくまでリストなので、応募には直結しません。なので、躊躇なくどんどんリスト化していきましょう!

あとで「あのおもしろそうな企業なんだったっけなー」って思い返しながら企業検索するのはかなり大変です。このように予めまとめておけると、とても便利ですね。

人気のある企業を調べよう

Wantedlyを利用する企業の数は、約15,000社。求人件数も、約14,500件にのぼります(※2016年8月3日現在)。

これだけ多くの企業の中でどこが人気があるのか、気になりませんか? 実は、Wantedlyでは、人気のある企業をランキング形式で開示しています!

Wantedly 企業 ランキング

求人ページの下の方にある「応援している人」欄に「会社ランキング」へのリンクがあります。他の場所にもリンクはありますが、一番見つけやすいのはここかなと個人的には思います。

Wantedly 企業 ランキング

クリックすると、ランキングページに遷移します。ランキングは3種類あり、

  • 今週の注目度ランキング:企業ページのPV数が多い順に表示される。

  • 今週のトレンドランキング:企業へのフォロワー数の増加が多い順に表示される。

  • 最新のフォロワーランキング:企業へのフォロワー数が多い順に表示される。  

このランキングを参考に、求人に応募している人もいるようです。先日、注目度ランキングで「1位」になったあるスタートアップ企業は、応募数が数倍に膨れ上がったとのこと。

次回は、実際の企業とのやりとりについてです!

今回は、「求人の探し方」「応募への道のり」をメインに解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

次回は、メッセージ機能を用いた企業とのやり取りについて、実例を使って解説いたします。ぜひ読んでいただけますと幸いです。

▼このシリーズの記事一覧

▼「採用者(企業)目線」での活用法については、こちらの記事をどうぞ!

※詳しい使い方は、こちらの公式ページをご覧ください。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet