Shunsuke Minatoさん
  • コラボレーター
  • SELECK(How to)
  • Shunsuke Minato

大企業にも拡大中・Wantedlyの使い方【企業とのやりとり】転職・採用に使えます(3/全5回)

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet

利用者が45万人(※2016年8月5日現在)を突破したビジネスSNS「Wantedly(ウォンテッドリー)」。最近はCMも放送しているようで、利用者は右肩上がりに増大しています。

その活用法(求職者目線)を徹底解説する本連載、今回で第3回目となります!

前回記事でも一部紹介しましたが、みなさん、もうWantedlyを使って応募はされましたか...?

Wantedlyでは「求人」以外にも、「セミナー」や「イベントの参加募集も頻繁に行っているので、転職予定のない方は、そちらに参加するのもアリだと思います。(私はこの間、 生ハムmeetupというイベントに参加してきました...笑)

さて、今回の連載は「企業とのやりとり」というテーマでお届けしたいと思います。 この記事を読むと、こんなことができるようになります。

  • メッセージ機能の使い方がわかる
  • スカウトメッセージが判別できる
  • 自分の応募履歴がわかる
  • 不必要なメッセージを非表示にできる

▼このシリーズの記事一覧

▼「採用者(企業)目線」での活用法については、こちらの記事をどうぞ!

※詳しい使い方は、こちらの公式ページもご覧ください。

実際に、Wantedlyを使って応募してみました...!

企業とのやりとりには「メッセージ」機能を用いるのですが、この機能は応募しないと使うことができません。なので!今回は、実際にある求人に応募してみました。

▼私が実際に応募した画面です。

Wantedly 応募 画面 メッセージ

応募すると、「メッセージ」を経由して企業から連絡がくるようになります。「メッセージ」は、トップページ右上のメッセンジャーマークから遷移できます。

企業とのやりとりは「メッセージ」で!

Wantedly 応募 メッセージ

こちらが、実際の「メッセージ」画面となります。

左の欄が「応募履歴」で、右の欄が「企業とのやりとり」です。また、前回説明した「応募ステータス」もここで再確認することができます。UIがシンプルで見やすく、メッセンジャーとしてはかなり使いやすいです。

ちなみに、Wantedlyのアプリをダウンロードしておけば、スマホ上でもメッセージのやりとりは可能です。ただ、返信ボックスがたま〜に不審な動き(カーソルが変な位置に移動したり...)をするので、PC上でのやりとりをオススメします。

#企業から「スカウト」された場合

Wantedly スカウト 応募履歴 メッセージ

第1回目の連載で説明した「スカウト」機能はここで活用されます。プロフィールの完成度をあげると、企業側からスカウトがくる可能性は上がります。

企業からのスカウトも「メッセージ」で確認することができ、スカウトの場合は「スカウトマーク」が付くようになっています。マークが付く以外は、普段のメッセージと何も変わらないので、特に身構える必要はありません。

返信待ちのメッセージは「グレースケール」で表示

「メッセージ」では、今までに応募した求人を全て確認することができます。私が2年前に応募した求人もまだ確認できるので、時間経過とともにメッセージが自動削除されることはなさそうです。

また、応募したけれど、返信がまだきていないメッセージに関しては、グレースケールで表示されます。(下にスクロールしていくと出てきます)

Wantedly スカウト 応募履歴 メッセージ

不必要なメッセージは「非表示」にしよう!

大量のメールが受信ボックスにあると、重要な情報を見落としてしまう可能性があるので、「必要なもの」と「そうでないもの」に分別しますよね。

Wantedlyのメッセージでも、一般的なメーラーと同様に、ある程度メッセージ分別をすることができます。

  • 既にやりとりが終わったメッセージ
  • 残念ながらご縁がなかった企業とのメッセージ

など、自分にとって不必要なメッセージは「非表示」にしてしまいましょう!

該当メッセージの右上にカーソルを合わせると「×印」が出てくるので、それをクリックすると、「非表示のメッセージ」というボックスに格納されます。間違って「非表示」にしたとしても、すぐに元に戻せます。

Wantedly スカウト 応募履歴 メッセージ

便利な「メッセージ」機能ですが、残念な点もいくつかあります...。

  • メッセージは「非表示」にはできるが「削除」はできない
  • 返信待ちのメッセージは「非表示」も「削除」もできない

この点は、今後の改善に期待ですね...!

「削除」機能は別に無くても困りませんが、あるに越したことはないかと思います。実際の利用者さんからも、同様の要望がけっこう上がっているようです。

メッセージの受信は「Facebook」に通知される

「メッセージって、受け取っても気が付きにくいんじゃないか...」「毎回毎回、Wantedlyをチェックするのは大変...」と思われる方もいらっしゃると思います。

かくいう私も「メッセージに気づかないで、そのままフェードアウトしそう...」と危惧していましたが…ご安心ください!

第1回目の連載でも説明したように、Wantedlyは超巨大SNS「Facebook」と連携しています。なので、メッセージやスカウトがくると、Facebook上で通知されるのです!Facebookであれば、気づかないということは殆どないと思います。

Wantedly Facebook 連携

ちなみに、これはデフォルトで通知される設定になっているので、通知されるのが嫌な人は、通知設定をオフにする必要があります。Wantedly側での設定ではなく、Facebookの「設定」_「アプリ設定」で変更できるので、一度確認してみて下さい

次回は、インターンシップについて

今回は、「企業とのやりとり」をメインに解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?前回の連載と併せて参考にしていただけると、応募までの一連の流れが鮮明になるかと思います。

次回は、少し目線を変えて「インターンシップ×Wantedly」というテーマでお届けしたいと思います。今後もぜひ、お楽しみに...!

▼このシリーズの記事一覧

▼「採用者(企業)目線」での活用法については、こちらの記事をどうぞ!

※詳しい使い方は、こちらの公式ページもご覧ください。

  • -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    -
  • tweet